世界的にみれば日本人は痩せすぎ

足元から顔までを美しくするボディワーカーの森拓郎です。
こちらでも告知させてください…。
私の新しい本
「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割・食事9割」
ディスカバー・トゥエンティワン
51y9Xzjn+zL._SL500_AA300_

が、2月21日に発売されます。
1年前に出た電子書籍のみの本が、
人気出過ぎて紙の本に…なりました。
もちろん大幅に加筆しております。
是非書店で手に取ってくださいませ。

さて、今日のタイトルは…
世界的にみれば日本人は痩せすぎ…
という内容です。
別にだから皆さん個人が…という話ではないですが、
結局、痩せたいという気持ちとかというのは、
自分の理想の状態があって、
その状態になりたいという希望だと思うんですね。

じゃあ、なぜそう思うか?
自己満足?
といっても結局何が良いのか悪いのかの価値観って、
他人がいるから決められることなんですよね。

例えば、甘いものしか食べたことがない人に、
辛いもの味を想像させようとしても、
それは不可能です。

痩せているのが美しいと思い、
太っているのは醜いという価値観は、
他人がいて、テレビや雑誌でそれをよく見ているから、
そういう価値観がついてしまってるんですね。

まぁそれはともかく、日本人って、
昔と比べて体型がどんどん変わっている…
というのはご存知の方多いと思います。
全体的に身長が伸びてきていますよね。
食の欧米化のせいだーってのもよく言います。

でも、身長が伸びてはいるけど、
肥満はどうでしょうか?
なんか、世間的なイメージだと増えているようなイメージですよね。
実際どうなのでしょうか。
こんなグラフがあります。
2200
見難い方は拡大して見てもらいたいのですが…
これは国民健康・栄養調査のグラフなんですが、
(グラフはこちらのサイトから拝借しています。ありがとうございます)

左が男性、右が女性です。
身長が年々増えているため、
体重ではわからないので、BMI(肥満度指数)
で示されています。
男性は年々増加傾向に…。
女性は年々減少傾向にあります…。

体脂肪率ではないので、
筋肉量が増えて、体格がよくなっていると思いたいですが、
どうやらやはり男性は肥満傾向にあるようです。

それとは逆の女性は面白いですね。
特に20代女性なんて、ほとんどが痩せてます。
なのにこんなにダイエットブームってまた面白い話です。

女性が「私はデブだから」とよく言うのは、
本当はそう思ってなくて「そんなことないよ」
と言ってほしいからだと思っていましたが、
どうやら本当にそう思っている人も少なくないのかもしれません。

そっかー男性は増えているのかーなんて
思ってみてみるんですが、
これ、世界的にみるとどうでしょうか。
2220

日本人やせすぎです・・・。
このグラフは先進国がほとんどですが、
GDPの低い発展途上国を合わせても、
日本はかなり痩せの部類です。

先進国だとぶっちぎりですね。

栄養学の後進国だなんて言っていますが、
世界的にみればやはり和食ニッポン。
ほとんどの人が毎日お米を食べています。
国民の食への価値観が一般的にまず違うんだと思います。

でも、糖尿病の患者数でいうと世界6位の日本です。
中国・インド・アメリカ・ロシア・ブラジルについてですね。
もしかしたら、人口あたりの糖尿病になる確率だったら、
もっと上位かもしれませんよね。

日本人は、欧米人より元々のインスリンを出す量が少ないため、
食べ過ぎても欧米の人よりも体脂肪になりづらいようです。
そのかわり、血糖値が下がりにくいので、
高血糖が続くことで体内にAGEsがたまり、
病気になりやすいということかもしれません。
(AGEsは過去のブログ参照

まぁ、だから糖尿病にならないために
糖質制限だ!と安易に考えがちですが、
簡単にそうもいかないんですよね…。
それについてはもう少し調べてからまた書きます。

・森拓郎のトレーニングスタジオ
【加圧トレーニング・ピラティススタジオrinato】
弊社スタジオ体験料金6000円⇒3000円で受付中です!

・サプリメント・酸素オイル・ファスティングドリンクの販売
【shop rinato】
代引き手数料無料キャンペーン中

・森拓郎がオーナーを務める自然食カフェ
【ココカラforest】
渋谷区恵比寿西1-14-6 萩原ビル地下1階
03-6277-5184

・森拓郎の新著発売!
アスコム1

電子書籍
電子書籍
ご購入はこちらから!
アマゾン購入サイトへのリンク
Amazon Kindleでの購入方法(iPhone、iPad)
Amazon Kindleでの購入方法(Androidスマートフォン)