リーキーガット症候群を知っておきましょう

Fotolia_86476142_XS

足元から顔までを美しくするボディワーカーの森拓郎です。

あんまり病気の名前をたくさんあげてもあれなんですが…

リーキーガット症候群
という病名が数年前から出てくるようになりました。

というか、私は最近聞いたんですけどね…汗
リーキーガット(Leaky Gut)

小腸(Gut)の粘膜に穴が空き、
異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が
血液中にあふれ出る(リークする)こと
が意味です。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。
腸に穴が空くって怖いですね・・。
症状としてはこれです。

食物アレルギー
統合失調症
IBS(過敏性腸症候群)
体臭の発生
アトピー性皮膚炎
喘息・偏頭痛
下痢・便秘・関節炎
更年期障害・子宮筋腫

えらい沢山ありますね・・。
大きなところで、アレルギーでしょうね。

アトピーはもちろん、花粉症や、
食物アレルギーなども、リーキーガットが大きく関係している

と言われています。
本来、腸の粘膜には強いバリアがありますから、
異物が入ることはできないようになっています。

しかし、一度そのバリアが破られると、
食物、バクテリア、ウィルス、タンパク質などが
血液中に入ってしまいます。

これが原因で、様々な炎症物質が産生され、
体中に炎症物質がかけめぐり、
慢性炎症を引き起こすことになります。

 

アレルギーの原因はこれですね。
さらに、腸内の消化酵素も不足するため、
栄養素の吸収が上手くできなくなってしまいます。

リーキーガットでは、ミネラルビタミンの欠乏症にも
陥りやすくなってしまいます。

野菜をたくさん食べたり、
サプリメントを沢山とっても吸収されていないということです。

残念ですね・・・。

 

リーキーガットの度合が高まるほど、
メタボリックシンドロームのリスクが高まり、
肥満傾向になることも報告されているようです。

さて、では何がリーキーガットを引き起こす原因となるのか。

ひとつがお馴染みの・・糖質です。
糖質は病原微生物を繁殖させる餌になりますから、

摂り過ぎ、もしくは吸収の早いものは気を付けるべきです。

もうひとつはアルコール
特にアセドアルデヒドがリーキーガットを引き起こしやすく
させますから、アセドアルデヒドを分解しにくい体質の人

(次の日に酒が残る、飲むと赤くなるタイプ)
の人は気を付けなければいけません

 

もうひとつ気を付けるのは、
小麦などの穀類に多いグルテン。
グルテンがアレルギーを引き起こし、
腸内を悪くするといわれ、
それをなくすグルテンフリーダイエット

というものが流行っているようですが、
まさにそれもありますね。

さらに意外なのが、豆類にも多いレクチン。
納豆や味噌などの発酵したものなら問題ないですが、
豆腐や豆乳、ソイプロテインなどは気を付けてください。

豆腐はともかく、豆乳は私もあまりおすすめしていません。

加工食品なども、
もちろん危険です。

 

また、科学的なものでは、
消炎鎮痛剤や、抗生物質などの薬
がリーキーガットを引き起こします。

特にリーキーガットに気をつけなくてよい人は、
これらの食品などを摂取してもかまいませんが、
知っておくとよいですね。
これ以外に、摂取したほうがいいものは

・オメガ3系の油
・乳酸菌などの腸内善玉菌が増える発酵食品

この二つです。

 

やはり・・・
いわずとしれた亜麻仁油を摂取するということ。

オメガ3系の脂肪酸が、
腸内粘膜を修復してくれる役目をしてくれるのです。

亜麻仁油で肌が綺麗になったとか、

花粉症が良くなったとか
生理痛がなくなったとか
こういう話は本当によく聞きます。
20110928_4425d9

食べてないのに痩せられない・・
という人は、腸内環境が悪化しているのかも・・
といつも言っていますが、

リーキーガットも立派な腸内環境の悪化です。
グルテンフリーというのは・・
つまり、パンや麺をやめるということ。
代わりにお米を食べましょう。