チョコレートを食べると太りますか?

チョコレートは太る?

足元から顔までを美しくするボディワーカーの森拓郎です。

よく
「森さんも甘いものなんて食べるんですね!」

とか言われるんですが・・
僕は甘いもの大好きですよ。実際。
特にアイスクリームは大好きですし、よく食べます。

で、チョコレートも好きです。
チョコレートは太る?
ダイエットをしているなら、
チョコレートは食べてはいけない
と思っている人も多いようですが・・・
ある食材に関して
これを食べると太る

と思うのはどうかと思うのです。
というのも、なんでも食べ過ぎれば太るわけですし、
太らないように食べれば太りません。

 

これを食べたら太るなんてことはないのです。
よく言うのですが、
太る人は何を食べても太るし、
我慢しても結局太る。
太らない人は何を食べても太らないし、
好きなだけ食べても太らない
これが真実です。
これ、遺伝子がどうとか・・
という話ももちろんあるかと思いますが・・
それを置いておいても当たり前のことなんです。
例えば、太るような食べ物を、
太るだけ食べたら・・・

当然太ることを知っていて、
それでも食べて太っているという人は・・

どうなんでしょうか?
これは自覚的に太っているわけです。
もしかしたら、何かに操られて食べているのかもしれないし、
わかっているのに手が伸びてしまうという、

糖質の依存症にかかっている可能性があります。
この場合は、治療が必要ですね。
依存症ですから。

急激にやめると、禁煙や禁酒の人のように
禁断症状がでて、イライラが爆発したり、
リバウンドをしてしまう恐れがありますから、
いきなり断つというのはやめましょう。

特に、いきなりファスティングなんてもってのほかです。
こういう人にはファスティングはすすめません。

私が、ダイエットにファスティングをすすめないのは、
これもあるのです。

ゆっくり準備期のような食事を1か月以上
3ヵ月程度続けるべきです。
まぁ、それだけでかなり激やせすると思いますが・・。

 

そこからファスティングを取り入れるとよいですね。
「そんなの我慢できない!すぐにファスティングして痩せたい!」

という人は、リバウンドしやすい、
ダイエットに成功しにくい思考パターン

であることが多いですから気を付けてください。
それとは別のもうひとつのパターンはこれ

太りやすい食べ物なのか、
そうでないのかもわからない。

食べたいものを食べて、
食べ過ぎている自覚や、

食べていないと思っているのに
何故かどんどん太っていく。

こういう人が大問題です。

自分が食べているものに無頓着などころか、
何かわからないで食べている・・

 

そして、自分の許容範囲もわからず、
何故自分が太っていくのか、
痩せられないのかが客観視できない・・。

これは、ヘルスリテラシーが低いだけです。

こういう人に限って、
漠然と「どうしたらいいですか?」

と聞いてくる、クレクレ君タイプだったりするわけです。
そうやって、
なんでも聞いたら教えてもらえると思っているから、
痩せられないんですよ~

 

ということを自覚するところからが
スタートなんですね・・・。
ということで本題です。
チョコレートを食べると太るのでしょうか?

ここまで読んでいて

「太る」

という人はまさかいませんよね・・・・(笑)
例えば、チョコレートでもいろんな種類があります。
当然、市販のチョコレートで、

ミルクチョコレートだったり、板チョコだったり・・
いろんなチョコレートのほとんどの原材料名をみると、

 

一番最初に「砂糖」と書いてあるのがほとんどです。
ご存知かと思いますが、原材料名の表示は、
一番多いものから書いてあります。
これは
砂糖のチョコレート味

ですから、本来その内訳はチョコレートではありません。
これは、砂糖がチョコレートテイストに味付られたもの
と思ったほうがよいのです。

食べ過ぎなければ太ることはないと思いますが、
栄養的価値はとても低く、
本当にチョコレートが食べたいのであれば、

価値がないと思った方がよいと思いませんか?
それでもおいしいもん
と思われる方は、別にいいんですけど・・

自覚がないのであれば、考え直しましょう。
じゃあ、糖質が少ないチョコレートを選びましょう・・

ということで、ブラックチョコレートを探してみましょう。
糖質ゼロのチョコレートなんてのも時々ありますが、

 

結局それは、人工甘味料で甘さを調節している
場合がほとんどですから、
これも食べる価値は低いのではないでしょうか・・。

 

カロリーが低ければ太らない
と思っているリテラシーの低い人を

狙っているにすぎない商品です。
で、某有名メーカーの
ブラックチョコレートの原材料名をみてみるわけです。
i_2013100520132304
目を疑います・・・

表のパッケージにはブラックチョコレートと書いてあります。
ビターとか書いてあります。

でも、原材料名の一番最初は砂糖です。
カカオ70%とか書いてあっても、

砂糖が一番最初のくることがありますから、
注意しましょう・・・。

 

騙されているんじゃなくて、
知らない人が知らないだけです。
そして、損をしているだけです。
砂糖が一番最初にこないチョコレートなんてあるの?
と思われる方も多いかと思いますが・・・あります。

i_2013100520195117
i_2013100520195115
ゴードゥーのオーガニックダークチョコレート。
原材料名の一番最初は有機カカオマスです。
甘味料の主体は有機糖みつです。

食べてみるとわかりますが、
ダークといいながら、これも結構甘いのです・・。
でも、砂糖ではありません。

じゃあ、これを食べても太らないんですね??
と、もし言われたら、私はもう黙るしかありません(笑)
世の中には、食べ物があふれています。
そして、それらが販売されるためには

 

お腹をその場ですぐに壊したりしないように、
一見安全度が高い食べ物
でなければいけません。

 

それをある程度見極める自覚をもたないと・・
その場では身体は壊さなくても、
時間をかけて壊れていくかもしれませんね・・・。
太るか太らないかだけで、
食べ物を指標としているのであれば、
もっと大事なことを見落としてしまうかもしれません。
話は一番最初に戻りますが、

 
好きなものを好きなだけ食べても太らない人は、
好きなものの種類や食べるタイミングが違うのです。

そして、好きなだけ食べているというのは、
その人が「これで十分」と思う量が適度なのです。

つまり、価値観が違うということ。

 
太る人はお金がなくても太ります。
むしろ、お金の使い方の選択肢が少なくなってしまいますから、
よいものが買えなくて、安くて栄養的価値のないものを
大量に買ってしまい、糖質依存に陥る傾向にあります。

 

安いものに手を出し過ぎるのは注意しましょう・・。

関連記事

  1. 森拓郎ブログ

    人工甘味料は砂糖よりも太りやすく、糖尿病リスク増?まとめ

  2. 森拓郎ブログ

    低炭水化物?狩猟採集時代の食事、パレオダイエットについて。

  3. moritakuro-blogむくみ

    むくみ体質ではやせ体質のスタートにも立てない